THINK

革命のファンファーレに勇気をもらって行動できた話

running

週5日勤務から週3日に変えて思うこと。

そんなに甘いものではなかった(ノД`)

今までより1ヶ月で約8日間分が自分の時間が増えたはず。

でもやりたいようにはいかない現実でした。

単純に労働時間が週40時間→週24時間になったわけだから、プライベートに18時間多く充てられるということ。

でも実際は数時間位しか充てられてない感じ。

このままではダラダラしそうで不安になってきた。
もっと毎日を大切に使っていきたいから自分に気合を入れなきゃ。ということで本を読んでみることにした。

スポンサーリンク


西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』を読んでみた

西野さん前作の『魔法のコンパス』もとっても面白くて買ってすぐ読み終えてしまったけど、今回も即読。かなり刺激的な内容だった。

革命のファンファーレ

時代の移り変わりを良い方向に捉えて、素直に向き合って行動してる西野さん。

まず疑問がでたら掘り下げて考えて、とんでもないことを思いつく。そしてやってみる。とにかく行動力がすごくて、驚きます。

私は転職が多い方だと思うんですけど、それが何か良くないことに捉える事が多かった。

どういことかというと、転職を決めたときは、これで良いんだ!このタイミングが最善だ!とか、結構自信もって動くのに、あとで周りに辞めちゃったのー?とか勿体無いとか言われたり、就職してから何十年も同じところで働いて頑張っている人を見ると、

  • 転職=続かない
  • 転職=挫折した

とマイナスに思って自信を無くすときもあって、

今だに悩むことがある。

でも西野さんの本には『副業、兼業、転職は現代には常識になっていることだし、やりたいことを掛け持ちしたり、やりたいことをひとつに決められず悩むことはこれからの時代を生き抜く術』と言っている。

その言葉に背中を優しく、強く、押してもらったような気持ちになりました。

 

革命のファンファーレに共感。嘘は『感情』でつくのではない。我々は『環境』によって嘘をつかされる。

どんどん読み進んでいくと西野さんはいつどんなときも疑問や感じたことがあれば立ち止まって深く考えてひらめいたらやってみている。

『信用』を勝ち取るために嘘をつかないことに徹底する。と書いていました。
(ネタでどんなときも平気で嘘をつくというQにYESと回答してたけど(笑))
誰にでもわかりやすい考えで私にもこれからわたしがやっていくことって、、と 色々感じ取れました。

そこで私が思ったことは、今の職場に嘘をついているということ。

以前、職場で疑問に思ったことを述べたら忙しいと言われて、部署内で決まったことだとそれで終わり。
『言っても無駄』感が大きくなり、伝えることが面倒になってしまいました。

職場でえっ何で?と納得いかない周知があっても、その場を乗り切ってしまえばいいやと『良いですねっ』と首を縦に振っている自分。

やりたいことではなく、お給料をもらうためと平常心を保って8時間過ぎている毎日。
だからいつもモヤモヤしているんだ。

スポンサーリンク


自分に今いちばん必要なのは『行動力』

今やりたいことは

『大好きな人と少しでも一緒の時間を過ごしたい』

これは誰に言われても自分にとってやりたいことで強く希望していること。
思っていても今日まで動かなかった。
それができるためには、自分から行動しないといけないんですよね。

会社に属さなくても大好きな人とすごしながら生活できるにはどうしたら良いか。

行動してみよう。自分を信じて。

第一歩は嘘をついて過ごしていた勿体無い8時間から抜け出そう!

 

私のように悩んでいる人がいたら、力になってくれる本なので読んでみて欲しいです。

 

ちなみに、西野さんが各業界で活躍する方々をゲストに迎えるトーク番組「ハミダシター」という番組は、超絶面白いです。

これはフジテレビの動画サービス「FOD」のオリジナル番組(全41回)。

わたしの好きな回は、

アパレル業界の「(ヴァンキッシュ)VANQUISH」や「#FR2」の石川涼さん、NewsPicksの佐々木紀彦さん、あいみょんのプロデューサーの鈴木竜馬さん、CHAMPFIREの家入一真さん。

毎回すてきなお部屋でトークするんですが、そこも見どころのひとつ。

フジテレビの動画サービス「FOD」でしかみれないので、FODの2週間の無料トライアルを利用してぜひチェックしてみてください!