FOOD

『パンの田島』吉祥寺店の揚げパンにほっこりする。

パンの田島のブログ画像

吉祥寺駅から徒歩2分にある『パンの田島』。

パンの田島の外装

昨年オープンしたのは知っていたのですが、まだ食べたことがなかったんです。

でも先日、吉祥寺に『吉祥寺コッペ』というコッペパン専門店ができたのを知って、流行りモノは食べておいたほうが良いと思い、両方のパンを買ってみたんです。今回は『パンの田島』をレビューしたいと思います。

パンの田島はメニューが豊富!

お店は吉祥寺駅の北口にあります。

 

行ってみると何人か並んでいました。

お店前の看板。メニューの画像

メニューは甘いコッペと惣菜コッペ揚げたてパンの30種類と豊富。

選べない、、、と思ったら、揚げパン発見!

揚げパン

結局、懐かしい『揚げパン』と定番の『つぶあんマーガリン』を購入しました。

こちらがつぶあんマーガリン。

あんマーガリン

吉祥寺コッペよりも大きめで、食べごたえがありそうです。

つぶあんとマーガリンは普通に美味しかったです。
あんこがぎっしり。甘さ控えめのあんこであっさり食べれました。

アンパンの中身

次に揚げパン。

パンの田島のブログの画像
給食に出ていた揚げパンはシュガー味だったので、シュガー味を購入しました。

まさにコレです。

揚げパン

見た目から懐かしいさが溢れています。

期待通りの味で大満足。揚げパンて美味しい!

小学生の頃、給食に揚げパンが出る日は、献立表に蛍光ペンで印を付けていたのを思い出しました。

欠席の子の分を誰が食べるかジャンケンで決めたことも。。。

ほっこりする〜♪

スポンサーリンク


『パンの田島3つのこだわり』とは!?

パンの田島は『3つのこだわり』があるそうです。

  1. 焼きたて
  2. 揚げたて
  3. 作りたて
パンの田島の新聞

どれもパンには欠かせないことですね!そこを大切にしてくれているから美味しいんだと思います。

揚げたてだから、もしかしたら食べ歩きしてしまうか、お店の2階のイートインスペースがでできたてを食べるともっと美味しく食べられるかもしれませんね。

スポンサーリンク


イートインスペースは学生時代にタイムスリップできて面白い

今回はテイクアウトしたのですが、イートインはどんな風になっているのか覗いてきました。

階段

階段を上がるとまるで学校の廊下みたい。

廊下

コッペパンのイメージは=学校の給食 なんですね。

イートイン

イートインスペースは16席と少し小さめですが、ここで食べたら更にほっこりしそう^^

吉祥寺ではドトールとコラボしたコーヒー『田島ブレンド』が250円が味わえるそうなのでコッペパンと一緒に良いかもしれませんね。

 

パンの料金は200円〜450円とお手頃な価格でした。

ドリンクはコーヒー紅茶の他、牛乳やコーヒー牛乳、リンゴジュースがあります。

子供から大人まで喜びそうなものがあって楽しめそうです。

スポンサーリンク


【おまけ】パンの田島と吉祥寺コッペどっちが美味しい?

パンの田島の新聞  吉祥寺コッペのチラシ

パンの田島と吉祥寺コッペ。ちょっとずつ食べてみた結果、、、

どちらも美味しい。。。

健康志向で言うなら豆乳クリーム入りの『吉祥寺コッペ』という感じでしょうか。

という訳で、私がこの2つのお店を利用するとしたら、

北口で食べたくなったら『パンの田島』

南口で食べたくなったら『吉祥寺コッペ』

という考えで選びそうです。

小腹が空いたらコッペパン良いかもしれませんね:D